スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

BIG DOGの予備検査完了~! 

本日あの厄介なBIG DOG K-9の予備検査が完了
20070801150604.jpg

気になって陸事に様子を見に行った帰り・・・・後ろに白バイ
スピード違反!予備検査が終わってホッと安心してたらやられました~
5年ぐらい無事故、無違反だったのに~マジですか
違反点数3点&¥18000の罰金 2年以上無事故、無違反なら3ヶ月で点数は消えるとのこと 俺の初ゴールド免許はこれでまた延期に・・・・来年の免許更新時ゴールド免許になると確信してたのに~また一から出直しですぅ。一生ゴールドにはなりそうにない・・・

S2000.jpg

スポンサーサイト

ブレーキテスト本番 

本日は昨日の雨で順延になったブレーキテスト本番
水戸の天気は雲っているもののなんとか雨は降らずにいる
20070712234952.jpg

AM8:00
ブレーキテストは今まで幾度も経験合格している慣れもあり今回も要領さえ押さえれば素直に通ると・・・・・雨が降り出す前に早く終わって帰ろ~なんて・・・・
現実甘かった 心配していたフロントが規定値内減速度に達する前にロックする 特にフェード試験中のロックは車体が斜めになりながらのロック 一瞬転ぶかと・・・転倒したらブレーキ試験の90万なんて目じゃないぐらいのお金が無駄に・・・・ライダーは光電管前を100kmで通過直後重~い重~いクラッチを切ってフロントブレーキの一定の指定操作圧力でブレーキをかけて完全にとまる この時規定の減速度が無いと不合格 操作圧力も一定範囲内に入っていないとNG だからライダーは前など見る余裕はない 光電管を規定速度で通過した瞬間右手ブレーキレバーと操作圧力計に集中する 規定減速度Gを出すにはロックする手前ぎりぎりのところ フロントはガタガタと暴れながらの試験となる
ハンドル上にセットされた操作圧力計(写真左側)右は減速時にかかるGが表示される
20070713001158.jpg


20070713001732.jpg

お手伝いで来てくれた友人がたちの悪い蚊に刺されながら何度も何度も出すNGを見て『バイク屋さんって大変なんだね~』と・・・心の中で普通のバイク屋やっておけば良かったなんて弱音も・・
既にPM2:00(もうダメかもと・・・)
気を取り直し再度チャレンジ OKが!残すはリアブレーキフェード試験のみ!
リアは問題無いと思っていたら新たな問題が・・・フロントブレーキの性能測定時重いクラッチを何度も何度も握っていたら左手握力が低下 上がって痺れた左腕 クラッチが握れな~い!変速時はクラッチを握らず左手握力温存でブレ~キ!
そしてテスト車後ろに搭載された計測器で集積データを確認 待つこと20分
PM5:00全てのテスト完了~お疲れ様でした 
お天気に感謝~フルマラソンを完走した気分 でもBIGDOGは暫く見たくない

ブレーキテスト 

本当は明日制動試験だったBIGDOG雨で順延決定sc03
CRF450Xの制動試験の際も雨で二度順延、国内登録まで何ヶ月も遅れた経験が・・・天気に左右されるテストなのでしょうがないか・・・水戸にホテルも予約してたのに~
このテスト費用も高く(約¥900000)結構大掛かりなテスト
内容は普通に止まればいいってもんではなく高価な計測装置を車両に載せて制動Gや時間を精密に計測する試験 勿論不合格なら¥900000はパー~!普通バイクでブレーキをかけて止まる場合前後一緒に操作して止まる このテストでは前後別 ブレーキ本体そのものの性能を測る 光電管の前を100kmで通過して前後どちらかのブレーキを一定圧力で操作して止まる この一定圧力での操作が圧力計を見ながらの操作なのでテストライダーは前など見る余裕は全く無い 指定された操作圧力範囲を超えれば試験はダメ=¥900000がパ~ァ
パーにならない為にも絶対落ちる訳にはいきません でも今回の試験車両はBIGDOGというバイク ただものではないのでかなり心配 フロントは特に加重が無いので・・・止まらない
エンジンはS&S2㍑Vツイン全てがスペシャル リアタイヤなんか吊るしで300!超ワイド!
k9-gal1.jpg

k9-gal2.jpg