スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

増税と値上げのご案内 

皆さんもよくご存じですが

4月1日より消費税が8%に

バイクも洋用品すべて増税による値上げです

消費税なので車体価格のみではなく法定費用以外の諸費用も上がります

例えば100万円ぐらいのバイクが今まで税諸費用込115万円だったのが

4月1日から119万円弱になってしまうんです

更に輸入商品は円安の影響もあり同時値上げです

例えばRACE TECHハンドガードが現在税込¥9,800

増税と値上げで4月1日以降¥10,584です

更に2年後消費税が10%になったら単純計算で¥10,780

REKLUSE CORE-EXP3.0最新バージョンも

3月31日までに納品可能なものは¥128,000ですが

増税と値上げで4月1日以降¥138,240(内消費税¥10,240)

このぐらいの価格帯商品になってくると差額で食事に一回行けるぐらいになってきます

全ての商品にて適用されます

なので買うのは”今でしょ!”

車両も用品もストックの無い商品はもう間に合わないと思いますが・・・・・・

急ぎましょ

 値上げ

4月1日以降のプライスと現行価格
 
増税と値上げ


スポンサーサイト

円安が止まりません  

皆さんご存知かとは思いますが・・・・・・

第二次安倍政権発足以来円安止まりません

今年は春に少し定価を上げさせて頂いたり

販売店様への仕切りを少し上げたり・・・・

そんな努力も超えた円安続き

来年更に消費税増税8%に

今ってどんだけ円安か?

imagesCAHCRPRC.jpg 
US$ですと丁度1年前

¥850,000だったバイクが

¥1,040,000!

eur100.jpg

EUROだと1年前

¥1,130,000だったバイクが

¥1,430,000!

94381938_1.jpg 
今まで1万円で買えていた商品が現在は

94381938_1.jpg 

3野口英世で
1万3千円
burner_li_jp10(4).jpg 
burner_li_jp10(4).jpg 
burner_li_jp10(4).jpg

弊社で輸入販売している商品も

地味な努力だけでは価格維持が困難な状況です

来年1月1日より各輸入商品平均20%の値上をさせて頂きます

例えばREKLUSE CORE-EXP

現行税込価格¥126,000が

新価格¥150,000に?

未だ値上げした価格については未定ですが

値上げ率、時期については決定しています

もし来シーズンへのREKLESE導入を

悩んでいるユーザーは

購入するのは

今でしょ!

と、しか言えません

商品在庫が無く納品が年を越しても年内のご注文は全て

現行価格とさせて頂きます

値上げ前最後の奉公とさせて頂きます


続きを読む

いつもICONのプロモーションムービーはかっこいい、面白い! 

このICON PV見るとトライアンフタイガーが欲しくなります


来月より一斉値上げ致します 

来月3月1日より弊社輸入商品の販売価格を一斉値上げ致します

例えばREKLUSE CORE-EXP¥105000は

3月1日から¥126000に

その他全ての輸入商品を20%前後値上げさせて頂きます

2月末までのご注文分については欠品商品も旧価格にて受付致します

為替が悪くこのままでは経営が成り立ちません・・・・

ご理解下さい






ヘルメット新調~しました 

全損だったヘルメットをなかなか新調できずに数ヶ月

これって思えるいいヘルメットが見当たらず・・・・・・・・

新しくトロイリーデザインから販売された2012SE3マックグラスモデル

蛍光イエローにモンスター◎

モンスターっぽくないところが◎

今月末の8耐までにヘルメットの慣らししないと・・・・・・

インナー・チークパットがなんと白!毎回洗わないと・・・・・

DSC09981.jpg 

DSC09983.jpg 

DSC09982.jpg 


DSC09984.jpg


RED WING PECOS BOOT 

愛用のレッドウイングペコスブーツ

自身20代に初めて行ったアメリカ本土で

RED WINGショップでサイジングして購入してから30年

これは3代目のペコスブーツ勿論RED WING製
RED WING PECOS BOOT

PECOSとはアメリカテキサス州を流れる川のこと

誕生は1950年代

元々は乗馬にも適した高いヒールブーツだった

それがだんだん変化して今の形に

・・・・ウンチクはこれまで

アメリカのRED WINGショップでは

ワイズ(幅)までチョイスができて

ベストサイズが選べましたが

日本ではワイズまでは選べません

そろそろ4代目が欲しくなってきました~

下駄箱の肥しの1代目~2代目のPECOSもソール交換すれば

まだまだ現役復帰が可能ですが・・・

ソール交換も結構費用が掛かるし

この他にも数十足RED WINNG BOOTを持っていますが・・・

ここうん十年、実際に履くのはこのPECOSのみ

来月アメリカで買ってきます





ヘルメットを新調しようとしたら・・・ 

全損になったヘルメットを新調しようと

トロイリーのサイトを物色していたら

JT RACINGをはじめMXアパレルはレトロ傾向

トロイリーもマックイーンシリーズを始めたり・・・

すると新たなレトロシリーズのジャージを発見!

もしこれに合わせると考えると

シンプルなソリッドカラーのヘルメットがいい

30年振りにソリッドカラーのヘルメットにするか・・・・

ジェッペルも良さそうだけど・・・・

129728868511_openface_sunday_wht.jpg 



129226390311mcqueen_helmet_open.jpg

今回の前転をジェッペルだったら・・・・

安全面を考えるとぞっとする

シンプルなカラーの最新フルフェイスヘルメットに

レトロなステッカーでデコ

なんとなくイメージが沸いてきた~


131112478311_FALL_KNITS_SUPER_RETRO_JERSEY_BLUE.jpg 
131112469411_FALL_KNITS_SUPER_RETRO_JERSEY_WHITE.jpg 

131535032611_FALL_KNITS_LEGACY_JERSEY_WHITE.jpg


頑張れSHOEI 

以前から???

日本にしか無い変な規定の為国内での販売ができない

R75、何とかいう・・・法??

いったい何年前の法??

モーターサイクルヘルメット

個人的には

大好きなトロイリーデザインも同様

でも危険で安全性を最も優先するレースでは使用可能

MFJが公認とれても

公道は使用できず?はぁ~?

1年間色々なところから

様々な意見や情報・・・

調べれば調べるほど

利権や・・・色々・・・

日本は島国だから?

SHOEIホームページにも

販売して欲しいユーザーから質問が多いらしく

SHOEIホームページ Q&Aの回答で

 

 

以下回答全文

VFX-Wを日本国内で販売する予定はありません。
VFX-Wは欧米のモトクロス市場を主なターゲットとし、機能性、快適性を高めたモデルとしてデザインされました。安全規格は欧州向け製品ではECE規格、北米向け製品ではDOT規格ならびにSNELL規格に適合しています。
一方、日本においてオートバイ用ヘルメットは、JIS規格と消費生活用製品安全法という二つの安全基準があります。VFX-WをJIS規格に適合させることは十分に可能ですが、消費生活用製品安全法には一部適合しない点があります。
乗車用ヘルメットは消費生活用製品安全法で定められる「特定製品」に指定されているため、同法の規定を満たさない製品を乗車用ヘルメットとして日本国内で販売することは認められておりません。この規定の一部に「保護範囲を覆う部分の形状は、曲率半径75ミリメートル以上の連続した凸曲面であること。ただし、縁巻き及び風防の取り付け等のための必要最小限の凹凸については、この限りでない」との条文があります。VFX-Wにはゴーグルバンドを安定的にホールドするための機能として、シェル後頭部に凹凸が設けられています。この部分が曲率半径75ミリメートル以下であるため、消費生活用製品安全法には適合しません。したがいまして、VFX-Wを日本国内で販売することはできませんので、ご理解いただけますようお願いいたします。

 

 

でも!

欲しい私同様、ユーザーが真剣に働きかければ規制緩和が

決まりましたよ~とりあえず

直ぐにVFX-Wが国内販売される訳ではありませんが・・・・・

世界基準で認められたヘルメット

日本生産なのに

日本では公道使用できない

??

どうみてもSNELL/DOTが通っているの~?は別として

 

 

 

ICON VARIANT HELMET 

大好評のICONヘルメットからオフ系?ヘルメットが発売(先ずはアメリカで)

 

今までの国内モデルのシールド付きとは異なる感じで・・・・

 

その名もズバリ VARIANT(異形)

 

バイザーも短めで風の抜けもいい感じ・・・・

 

これならSXV550でニュヒャクkm出しても首に◎

 

カラーも国内モデルとは異なっていて◎

 

デザインも◎

 

ICON VARIANT RED 

ICON VARIANT SILVER ICON VARIANT BLUE

 

 


SHOEI VFX-W 

SHOEI VFX-W 

SHOEIが昨年暮に海外販売を開始したニューモデルVFX-W

 

国内ではSG(製品安全協会)規格を取得できない為

 

メーカーは国内販売ができない・・・・・・と

 

商品自体はヘルメット規格では一番厳しいとされるSNELL規格取得

 

日本のそれはR45規定とか変な規格があって・・・

 

帽体に角度のある部分は外れる構造にしないといけないらしいく

 

それでも昨年暮からオフロード・モタードユーザーからの問い合わせが多く

 

希望されるユーザーには公道での使用ができないことなどを説明して輸入販売していたところ

 

これが問題を・・・・

 

SGマークの製品安全協会からは販売中止を要求する趣旨の電話は入るし

 

ヤフーオークション出品は違反商品として取消されるは

 

その取消内容の全文は知的財産プログラムによるもの?らしい

 

国内販売されていない商品を輸入して販売することが知的財産を害するなら

 

逆輸入車のCRFやWR-Fもそれに入ってしまうのでは?

 

確かにVFX-Wと現行のVFX-DTを見比べたら

 

多くのユーザーがVFX-Wを選ぶことに

 

で、国内でVFX-DTが売れなくなる

 

HONDAとSHOEIの器の差でしょうか・・・・・