スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moto1開幕戦 

モタード全日本開幕戦が昨日琵琶湖で雨の中おこなわれた(観戦はできませんでしたが) Moto1ではapriliaディーラー期待の星★金児隆太選手は残念ながらエンジントラブルでリタイヤだったようですが・・・今後に期待~未だ若いからきっとやってくれることでしょう Moto2はエントリー台数多目でVONZIPPERサポートライダー昨年までMoto1の高山直人選手が市販モデルWR250Xで3位!初戦表彰台!お見事! WR250Xでどこまでできるかが今年の目標なんてとんでもない 因みにMoto2レギュレーションでWR250Xは市販車なので排気量は251ccにボアアップで参戦しているようです 早速高山選手よりお電話頂き結果報告・・・表彰台だとサポートしているスポンサーは何を??と逆に質問したら高山選手『ゴーグル出してくれればいいです!』こんな謙虚な返事に正直弱い 今週中にVONZIPPER商品大量発送します~今後もVONZIPPERで頑張ってほしいですね
                  b0124672_22234039.jpg

スポンサーサイト

目に付いて買ってしまったXL250S 

売れ筋をオークションで仕入れたことがない いつも二輪販売店向けオークションで買うのは誰も手を出さないコアな商品ばかり・・・スタッフにはいつも落札後は「変なもの買ってゴメン、俺が責任をもって売るから!」と強がり言ってはいるものの・・売れなきゃただの鉄屑?・・最近踏んだ地雷は数知れず・・でも思ってみれば全て売れ残り無し 外車に旧車に・・・いい意味で外車はアプのSXV/RXVで怖さを忘れ HUSQやKTMそれにtmやVORまで色々 外車でも怖いのはやっぱり年式の古いモデル 全ての部品精度が日本製品に比べ低いので乗ってなくても自動的に壊れる 分かっているはずなのに今回タブーの1つである旧車に手を出してしまった 但し日本車 オークションなどで購入する中古車は販売店も怖い 到着して自分の目で確かめるまでは・・・ところが今回落札したXL250S(確か1979~1981頃のモデル その後プロリンクとなりXL250Rとなる)磨けば磨くほどいい意味でやばい 昔アメリカによく行ってた頃、バイク好きの家に遊びに行くと納屋や車庫の片隅にホコリになったモトクロッサーが・・・それが30年前のアルミタンクのCR250エルシノアの新車だったり アメリカの気象状況、保管状態は日本に比べ格段にいい 今回はそれに近い発掘した喜び しかも日本国内で!それはこれやじるしエンジンも当時の静かさで新車の排気音がします(昔のバイクは結構うるさい) 勿論趣味で買ったのではないので販売もしてます→バイクブロス

        W00044.jpg
 
 

MANA850 

シバー750(SHIVER750)に続いてマーナ850(MANA850)も入荷~最大のセールスポイントはなんと言ってもCVTオートマチック 更にシバー同様手元3段階のモード変更ができる 早速試乗したいところですが未だピアジオジャパンから書類が来ないので登録ができない・・・・仮ナン!とはいっても書類が無いと仮ナンも取れず・・・・しょうがなく他車からの仮ナン?借ナン?で試乗~(決して真似はしないで下さい)裏路地は間違いなくCVTオートマチックの勝ち スクーターみたいにベルトが滑ってる感じもなく普通のスポーツバイクのようにアクセルを開けて車体を起こしたり エンジンブレーキもスズキバーグマンのより違和感無く利くし・・・跨ってる安心感やコントロール性はどんなスクーターより絶対上 走る場所によっては僕みたいに下手ピーなライダーはマニュアルミッションモデルより絶対早く安全に走れる感じ しかもメットイン 近い将来全てのバイクからクラッチが無くなるのは間違いない 来週にはシバーに続きマーナも試乗できます

        mana850.jpg

 

SHIVER750 プレス試乗会に潜入? 

お天気サイコー今日は真鶴でSHIVER750(シバー?シヴァー?)プレス向けの試乗会にお手伝い
ここからだと椿ラインや箱根ターンパイクも近くワインディングテストにはもってこいのロケーション プレゼン会場は南欧風なホテル 撮影用のSHIVERはプールサイドに設置されいい感じ
             shiver1.jpg  shiver2.jpg
さてその感想は?近く各誌に詳しく掲載される予定ですが・・・やはり多くの興味はライドバイワイヤーという電子制御スロットル R=レイン・T=ツーリング・S=スポーツに手元で切り替えが可能 その味付け(セッティング)が好評でR=初心者・女性ライダー T=一般男性ライダー S=エキスパートなんて例えるプレスライダーもいて 思わず『うん、うん』  エンジン最高!とも ネガティブな意見はサス 特にリアサスに集中 前乗りを強要されるシートポジションやライダーの体重も異なる為トラクションがかけ辛いなどなど・・・これはある程度乗ってセッティングしていかないと・・・それと足着きの悪さ165cmの女性でもつま先立ち ローシートがオプション設定されれば・・・
多くはデザイン、排気量より『スポーツバイク』『安い!』と言った意見が多かったプレス試乗会でした
PS. SHIVERのカタカナ読みはシバーに統一のようです 

             shiver4.jpg shiver3.jpg
 

20年振りのオンロード用ブーツ 

今年販売になるアプ(aprilia)のニューモデルSHIVERやMANAのオンロードモデルに乗る為に何かかっこいいブーツはないかと数日前から物色・・・ネットで色々調べても心を揺らすブーツは・・・ところが!PUMAからモーターサイクル用のブーツがむふふ 知らなかったPUMAからモーターサイクル用ブーツが出ていたことを!しかもシンプルでかこいい 20年前にはありえない もう物欲光線出っ放し~実用無視のホワイトをチョイス!価格は納得の¥38000なり 次はこれに負けない白のライダースとヘルメットを探さねば・・・・いつも真っ白で使うのにはホワイトレザー用の靴墨も必需品 ブーツだけ見るとウルトラ警備隊風だけど履き心地はスニーカーライク 赤のPUMAラインもきまってます モデル名はDucati Desmo?アプも本国でこんな物欲くすぐるブーツやスニーカー出して欲しいものです・・どこにもDucatiとは入ってないからまっいいか 

PUMA 2 PUMA 3 PUMA 1 
女性用なんか普段履きにも違和感無し 

puma we1             puma we2            puma we3

SHIVER 750 

登録が完了したSHIVER750に初試乗
セールスポイントでもあるワイドバイワイヤー。要するに4輪ではあたりまえになった電子制御スロットル 通常ワイヤーでアクセルスロットルボディーを開け側、閉じ側もおこなっているのを小人ではなく電子制御でやってる らしい・・先ずアクセルがメチャクチャ軽い以外は違和感は全く無 更にその制御を手元のセルスイッチを押すことでS=スポーツ・R=レイン・T=ツーリングとレスポンスの度合いを走っている最中でも変更が可能 Sでの裏路地走行ではアクセル調整にシビアにならないとギクシャクした感じで通常はTで十分 Sは峠道などのワインディング向き Rは極端にアクセルレスポンスが遅れSで試乗していて途中から急にRに変えると左折時ギア抜けして転んでしまいそうな感じ?サーキットでも雨の日は1速高いギアでコーナーを回ったりすることを多分こいつが勝手にやってくれるらしい 各走行モードはセルスタータースイッチと共通で簡単に切り替えができ今のモードはメーターに表示される

スタータースイッチ&モードスイッチ         今のモードは液晶表示

SHIVER SWITCH                SHIVER S

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。