スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクルスCORE-EXP2.0 


前回CORE-EXP2.0のリコールがあったことをお伝えしました 

既に装着も完了し試走も終えてしまったとこもありましたが

無事入荷分のCORE-EXP2.0全てに対策パーツが届き

発送も全て完了~この対応の早さがリクルスなんです

未だ実際に新しいCORE-EXP2.0に乗ったことは未だありませんが

このNEW CORE-EXP2.0を既に装着して乗った一部販売店様によると・・・・

旧モデルCORE-EXPと比べて

◎クラッチの繋がりが分かりやすくなった

◎クラッチの繋げ方がソフトになった

◎ステアケースなどでのクラッチ操作向上

などなど・・・逆にXは

Xマニュアルのクラッチが操作が少し重くなった

Xクリープ現象が少し強くなった

などですが許容範囲とのこと

改良点はマニュアル操作性能向上のようですが・・・・

楽しみです

今年からハスクTCからTE250with CORE-EXPにマシンをスイッチした

石井正美さん曰く

セルスタートwith CORE-EXPはホールショットが簡単??

今年JNCC開幕戦でホールショット


海外でもCORE-EXPでホールショットは常識です

スポンサーサイト

やっぱりリクルスは偉い! 

先日REKLUSECORE-EXP2.0のリリースをお知らせ致しました

が・・・本日製品リコールのお知らせが・・・

新しく改良されたEXPプレート

実はスムーズに動く秘密に

ベアリング代わりのウエイトスチールボールを装着
EXP2.0


これが今回の問題らしく・・・

とはいってもエキスパートが

40時間以上使用しないと問題は発生しないとも

それはどんな問題か・・・

40時間以上使用したCORE-EXP2.0で

EXPプレート内のボールが高回転時にクラッチ操作すると

EXPプレートから外に飛び出し

最悪はエンジンを内部から破壊すると!

早速既にお送りした販売店様全てに連絡して

装着の中止、既に装着してしまった車両は運転中止を

レース部品メーカー、それ以外でもここまでするメーカーは

スターズも長い間海外の様々な取引先と仕事をしてきましたが

正直ゼロ

だからいつも安心してREKLUSE製品を提供できます

このリコールでCORE-EXP2.0をご予約頂いている方には

もう少しお待ち頂くことになりそうです

ごめんなさい





1993XR600R 

前回XR600Rをレストアしているブログをご覧になった

XR600Rオーナーから

是非1993XR600Rを買い取って欲しいと・・・・・

しかもワンオーナーで1993年に新車購入された車両で

某買取屋さんで8万円と査定されたとか

走行14000km実走

プラスチックパーツが塗装?

されてしまっている以外はオリジナル

オフロード走行もあまりなさそうな・・・

この年式の車両、しかもオフ車としては

スターズ的には極上です

今回は極上完全オリジナルXR600Rを目指て

徹底的に洗車・磨きをすることに・・

フレームもオリジナルの塗装のまま

丁寧に洗車しただけで・・・キレイ
DSC07883.jpg 
 DSC07882.jpg 
DSC07886.jpg 
DSC07887.jpg 

タペットカバーも磨けばこの通り・・・
DSC07890.jpg 
DSC07894.jpg

REKLUSE CORE-EXPver2.0がリリース 

進化を続けるREKLUSEオートクラッチに

更なる進化を遂げたCORE-EXPに

バージョン2が登場!

早速CORE-EXPver2.0が入荷

早速各部の違いを・・・・

大きな違いはEXP本体 左:旧型 右:最新バージョン2
DSC07868.jpg 

オートクラッチの心臓部

要中の要パーツEXPプレート

見た目にはは大きな違いは無いようですが・・・

構造が変わったEXPプレートは持っただけでとても軽く

ウエイトが遠心力で広がる構造も

今までのものより手で押しただけでスムーズに広がり

今までは片側のスチールプレートを押し出していたものを

EXPそのものが上下2つに割れて広がる構造に

ウエイトにも動きをスムーズにする為の画期的な変更が・・・
DSC07869.jpg 

とても期待が持てます

向かうところ敵無しのREKLUSE CORE-EXPver2.0

2011年FMF/KTMファクトリーとパートナーシップを結び

つまりはREKLUSEがメインスポンサーで

5つのAMAナショナルタイトルを目差す為に

KTMファクトリーマシン全てにREKLUSEを供給

トップカテゴリーレースにおいて更なる進化を目差すことに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。