スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TUbliss第二段 

最近問い合わせも多く

どうなのTUblissアイコン名を入力してください

実戦使用は未だなので

どこまで使えるかは未知数ですが

装着方法を改めてお伝えしま~す

準備するのは新品タイヤ(メーカーは新品をなるべく使用するようにと・・・)

それと勿論TUbliss Core

工具は初めて装着するリムの場合10mmのドリル

あとは通常タイヤ交換に使用する為の工具と15mmのスパナ

10mmのドリルは通常8mm穴のビートストッパー穴を10mmにする為

それと8kgf/cm2(110psi)までゲージのある空気入れかミシュランゲージ

因みにスターズでは自転車のアサヒで買った自転車用空気入れ¥3980

↑自転車のゲージ付手押し空気入れがベスト(簡単に高圧エアー充填できます)

¥1980のもありましたが あまりにもちゃっちぃので・・

アサヒで一番高い¥3980のものを大人買い?

 

①ビートストッパー穴を10mmに加工(TUblissのビートストッパーは10mmなので)

 ビートストッパー穴の無い時は10mmの穴を開けます

10mmのビートストッパー穴開け 

②リム内の残留物全てを徹底的に除去(これをやらないと後でエアー漏れなどの痛い目に)

リムの内側のお掃除 

③専用リムテープの貼り付け(各セットに付属)

専用リムテープを丁寧に貼る 

④TUblissの装着

⑤タイヤ装着(付属のインストールガイドで必ず落し込み式で装着)

専用ガイドでタイヤ装着  タイヤにホイールごと一旦落とし込んでから

⑥ビートスットッパーを固定

⑦アサヒで購入した自転車用空気入れで(別にアサヒで購入しなくてもできます)

 TUbliss側にエアー約7.5kgf/cm2充填(入れ過ぎ厳禁!赤いライナーを壊します)

 (この時点でタイヤビートはリムに完全に上がります)上がってない時はやり直し

 上がってない時、規定値以上のエアー(110psi以上)を入れて無理に上げない

⑧タイヤにお好みの空気圧でエアー充填

⑨大量の石鹸水でビート部分のエアー漏れをチェックで完了

 ニップル部分とTUbliss側のバルブ部分からはエアー充填後

 少量のエアーがジワジワ漏れますが、これは全く問題ありません

 

ポイントは組み付けの際、大量の石鹸水とシリコンスプレーを使用して

TUblissとタイヤをスムーズに密着させること

TUbliss側に入れる空気入れは自転車アサヒで160psiまでゲージのあるものが¥3980で購入可能

自転車アサヒで¥3980 

組み付け後エアー漏れがあっても空気を抜いてタイヤ全体を地面にバウンドさせて

タイヤ内のレッドライナーとインナーチューブを馴染ませる?

エアーを再充填させてあげればエアー漏れは止まります

今回リアは一発でしたがフロントは再充填とバウンドを5回ほど・・・

それでもエアー漏れがある場合はレッドライナーにタイヤ内のゴミなどが

噛んでのエアー漏れの可能性も・・・・

そんな時は1からやり直しですが・・・・

耐久性については8月9日SUGO8時間パワーエンデューロで

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://starstrading.blog101.fc2.com/tb.php/164-7a713844

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。