スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れSHOEI 

以前から???

日本にしか無い変な規定の為国内での販売ができない

R75、何とかいう・・・法??

いったい何年前の法??

モーターサイクルヘルメット

個人的には

大好きなトロイリーデザインも同様

でも危険で安全性を最も優先するレースでは使用可能

MFJが公認とれても

公道は使用できず?はぁ~?

1年間色々なところから

様々な意見や情報・・・

調べれば調べるほど

利権や・・・色々・・・

日本は島国だから?

SHOEIホームページにも

販売して欲しいユーザーから質問が多いらしく

SHOEIホームページ Q&Aの回答で

 

 

以下回答全文

VFX-Wを日本国内で販売する予定はありません。
VFX-Wは欧米のモトクロス市場を主なターゲットとし、機能性、快適性を高めたモデルとしてデザインされました。安全規格は欧州向け製品ではECE規格、北米向け製品ではDOT規格ならびにSNELL規格に適合しています。
一方、日本においてオートバイ用ヘルメットは、JIS規格と消費生活用製品安全法という二つの安全基準があります。VFX-WをJIS規格に適合させることは十分に可能ですが、消費生活用製品安全法には一部適合しない点があります。
乗車用ヘルメットは消費生活用製品安全法で定められる「特定製品」に指定されているため、同法の規定を満たさない製品を乗車用ヘルメットとして日本国内で販売することは認められておりません。この規定の一部に「保護範囲を覆う部分の形状は、曲率半径75ミリメートル以上の連続した凸曲面であること。ただし、縁巻き及び風防の取り付け等のための必要最小限の凹凸については、この限りでない」との条文があります。VFX-Wにはゴーグルバンドを安定的にホールドするための機能として、シェル後頭部に凹凸が設けられています。この部分が曲率半径75ミリメートル以下であるため、消費生活用製品安全法には適合しません。したがいまして、VFX-Wを日本国内で販売することはできませんので、ご理解いただけますようお願いいたします。

 

 

でも!

欲しい私同様、ユーザーが真剣に働きかければ規制緩和が

決まりましたよ~とりあえず

直ぐにVFX-Wが国内販売される訳ではありませんが・・・・・

世界基準で認められたヘルメット

日本生産なのに

日本では公道使用できない

??

どうみてもSNELL/DOTが通っているの~?は別として

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://starstrading.blog101.fc2.com/tb.php/186-2a9e1e3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。