スターズトレーディングのブログaprilia,MOTO GUZZI, Beta, GASGAS,HUSABERG,HONDA正規ディーラー、REKLUSE、Kouba Link、TUbliss Core、Silmoto、vonzipper、Dirtskin、ZAP Technix、T.M.DESIGNWORKSほか正規輸入代理店、国産、逆輸入オフロードCT110の専門店です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年9月1日から始まる輸入車排出ガス規制 

今年の9月1日より始まる新排出ガス規制についての問い合わせが大変多いのでこちらで回答致します

添付一覧表を見て頂いても実際の数値って?どうなの?分らないと思いますので実際どのぐらい厳しい数値なのかをご説明致します 今まで輸入車・逆輸入車の排出ガス規制は平成11年の規制のままでした この規制値はキャブ車のキャタライザー(触媒)無しモデルでもキャブセッティングなどでなんとかクリアーできる数値でした しかし9月1日からの平成19年規制値は現在の規制値を85%カットする規制!現在ギリギリでなんとかガス検査をクリアーしていたモデル(CRF450R・CRF450X・WR450F・XR650Rなど)は現実登録は不可能に・・・・インジェクションモデルでもDUCATIやアプリリアSXV・RXVは今の数値ではクリアーするのは無理 しかも新測定はコールドスタート時から測定する厳し~いもの・・・・このまま終了?まだ諦めてはいませんが今後このようなモデルを登録するには三元触媒などを装着して更なる費用がかかることは確実でこれが全てお客様の負担になることは間違いないようです 元々高額なモデル 登録できたとしても・・・がっくり

軽二輪以下の車両については登録の為にガス試験を受ける必要が無いので登録方法そのものを変えないと罰則の無い規制で輸入者の自主判断に任せられるようです 今のところ・・・・うーん

                     二輪排出ガス新旧規制値

追記:9月1日より全てのこの規制で受からない輸入車・逆輸入車が登録できなくなる訳ではありません 9月1日以前輸入されたもの(通関の日付が8月31日以前)か8月31日以前に生産されたもの(メーカー生産証明が必要)は平成11年の規制が適用になります 又、既に登録されているものは今後も継続車検は今まで通り受けることが可能です 例えば2008CRF450Xも生産が8月31日以前の車両か8月31日以前に輸入されたものは9月以降も以前のガス規制のまま新規登録が可能です もしこの様な250cc以上の車検付ハイパーモデルの公道仕様購入を迷っているユーザーは普通?に購入できる最後の年となりそうです

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://starstrading.blog101.fc2.com/tb.php/90-a628a6ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。